血統書のある犬を飼う

HOME

サンプルイメージ パピヨンは、フランス語で
蝶を意味する言葉です。

私たちがペットショップで
良く目にする小型犬のパピヨンは、
耳の形が羽を開いた蝶に似ている
ということで、こう呼ばれるように
なりました。
papillon professional breederいわくパピヨンという犬種は
古くから愛されており、あのマリー・アントワネットも
可愛がっていたと言われています。

それほどにペットとしての歴史が長い犬ですが、
現代でも愛好家が多く、たくさんの人が子犬を買い求めています。

これはパピヨンに限ったことではありませんが、一般に
子犬を買い求めるときは、ペットショップから購入するより
ブリーダーから直接買った方がメリットが大きいと言われています。

それは何故でしょうか。

ストレスを抱える

質のいい子犬を育てるのはブリーダーの仕事ですが、
ペットショップで扱われるようになるまでには、卸売業者などを
通さなければなりません。

その分値段が上乗せされるのです。
つまり、ブリーダーから買った方が安いということです。

また、ペットショップの狭いケージの中に長い間いることを
強いられた子犬には、大きなストレスがかかります。

ストレスは様々な病気や怪我、パピヨンであれば
膝蓋骨脱臼などのリスクを高めます。

その点、ブリーダーからの直売であれば、余計なストレスの
かからない環境でのびのびと育てられ、健康管理もしっかりと
されている子犬に出会えます。

他の子犬と一緒に育てられているケースがあるため、
社会性や排泄などの基本的なマナーが身についている場合もあるようです。

パピヨンならパピヨン、トイプードルならトイプードルで、
専門に販売しているブリーダーならなおのこと、長生きで
かわいい子犬を扱っていることでしょう。

また良心的なブリーダーは引き取った後のケアもしてくれるところがあります。

近所迷惑

甘噛みや無駄吠えなど、小さな犬は特に多く、
ご近所に迷惑になってしまう場合もあります。

原因は犬特有の上下関係がペットと飼い主の間で
うまく築けてないことが多いです。

そんな時にもともと生まれた時から世話をしてくれて、
関係を築いているブリーダーさんが相談に
乗ってくれることがあります。

いい対処方法やアドバイスをもらえると心強いですよね。

女性ならいつでもきれいにいたいそんなあたりまえな
きっかけづくり。シミしみアールスキンケアがおすすめ。

小型犬1  小型犬2  中型犬  中型犬2  大型犬 

ペットショップ   選び方  ブリーダー  資格   里親  

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.