血統書のある犬を飼う

血統書の持つ意味は?純粋犬種だけに発行される?

サンプルイメージ このパピヨンはしっかりとして血統書がついている犬ですと言われても、どういう意味がよくわからないのであればその価値を知ることは出来なくなります。

知識がない

世界では日本よりも前に血統書を発行した団体がありますが、日本では1949年に初めてJKC一般社団法人ジャパンケネルクラブが設立されたような形です。

それではどのようにして血統証明書が発行されることになるかですが、
一般社団法人ジャパンケネルクラブが関わってくる事になります。

血統証明書というのは、JKCに血統登録されている犬というだけではなく、
同一犬種の父母から生まれてきたその子に対して発行されるようになっています。

ですので、父母のうちどちらか一方だけが登録をされているだけでは
いけませんし、犬種が違う父母から生まれたとなると、対象外になってしまうのです。

あくまでも純粋犬種というのが条件になる為、犬種が違うというのは
ダメという事になるでしょう。

人間で例えるならば戸籍に近いものになり、どのような父母から生まれ
さらにその父母はどのような犬だったのかというのもわかるようになっている為、
純粋な血筋がわかるようになり、ブリーダーなどにとっても
とても大切な情報になってくるに違いありません。

大切な情報

これがある事によって、これからさらに繁殖をさせていきたいと
考えている人にとって、健康で純粋なパピヨンの血を受け継ぐ
子供を作る事が出来ますので、欠かしてはならない物ともいえるでしょう。

以前は偽造などもありましたが、現在では様々な防御策によって
偽造もほとんどないような状態になってきているので、安心出来ます。

例えば雄犬のDNAを登録の義務付けが必要になり、偽造が出来ないように
なってきていますので、安心して証明書を信じることが可能になってきています。

純粋な犬種で繁殖をさせたいと考えているのであれば、しっかり証明書を
確認してから行うようにし、いい繁殖が出来るようにしていかなくてはなりません。


性格  小型犬  タイミング  成犬  初めて 

ペットショップ   世話  ブリーダー  資格   大きさ   血統書の意味

Copyright(c) 2011 real−papyon All Rights Reserved.